嫌われる勇気のドラマ7話での名言を集めてみました!今回はどんな名言が登場するのでしょうか?アドラー心理学「嫌われる勇気」を元にした刑事ドラマで、香里奈さん主演のドラマ。香里奈さん、お久しぶりですね。

 

ドラマ「嫌われる勇気」放送中止の危機!?

2月3日に日本アドラー心理学会から、抗議文が送られていたようです。

抗議文の詳細は、こちらの記事の冒頭で紹介しています!!

>>嫌われる勇気のあらすじ・感想7話

[ad#ad1]

ドラマ「嫌われる勇気」の7話の名言集!!

[ad#ad2]

嫌われる勇気7話 名言その①

「無条件で信じようって決めたんです。庵堂さんを信じる自分を信じようって」
 「庵堂さんを信じる自分を信じる。最後まで僕は僕の決断を信じます。」

 

青山が佐藤に話したセリフ。

6話で出てきた、信用と信頼の違いを思い出します。

条件付きで信じるのが信用、無条件で信じるのが信頼。

このセリフで、青山は庵堂を信頼すると決めたことがわかります。6話で青山は、その人を信じる自分を信じるということ、自分を信じてこその他者への信頼なのかな、と言っています。

[ad#ad3]

嫌われる勇気7話 名言その②

「警察という共同体から切り離され、ただの人になったあなたは、このまま自分が忘れ去られることが我慢ならなかった。違いますか?」

 

庵堂が佐藤へ向けたセリフ。

相変わらず、的を得たことをズバリ言いますね~。寂しがり屋な人間からしたら、佐藤のような感情は当たり前なのかもしれません。

 

嫌われる勇気7話 名言その③

「ここまで警察に身を捧げてきたのに本当に俺を必要としてくれる人間は誰もいなかった」

 

佐藤のセリフです。

原作では、他者から承認を求めることを否定しています。また多くの場合、それは賞罰教育の影響だ、とあります。

 

嫌われる勇気 名言その④

「悪いのは私じゃない!私の貢献を認めず、まるで使い捨ての歯車のように扱ってきた奴らだ!」

 

個人的には、すごく気持ちわかります。

何なんだー!って、頑張った自分が可哀想に思えてきますもの。

ですが原作では、

他者の期待など満たす必要はない、他者もあなたの期待を満たすために生きているのではない、とあります。

他者からの承認を求め、他者からの評価ばかり気にしていると、最終的には他者の人生を生きることになります、と。

 

嫌われる勇気7話 名言その⑤

「お断りします。これ以上、あなたのいいなりにはなりません。」

 

庵堂が佐藤へ向けたセリフ。

原作に、対人関係のカードは常に“わたし”が握っている、とあります。承認欲求に縛られていると、対人関係のカードはいつまでも他者の手に握られたままになります、と。さすが庵堂、カードを握っていますね。

 

嫌われる勇気7話 名言その⑥

「本当の貢献とは、見返りとは無縁に行われるものです。」

 

庵堂が取調室で佐藤に話したセリフ。

原作には、他者貢献が意味するところは、自己犠牲ではありません、わたしを捨てて誰かに尽くすことではなく、むしろ、わたしの価値を実感するためにこそ、なされものだとあります。見返り求めまくりの私、反省します。

 

嫌われる勇気7話 名言その⑦

「あなたは、もっと大きな共同体に属しているし、そこでたくさんの貢献を行っています。あなたが42年間毎日食べてきたコロッケパンです。

あなたがパンを買い、代金を支払う。そこで支払ったお金は、パン職人の人たちに還元されるだけじゃありません。小麦やバターの生産者たち、あるいはそれらを運んだ流通業者の人たち、そしてガソリンを販売する業者の人たちにも還元されるし、つながってるんです。

そして何よりも、あなたにこのパンを売っていたおばあちゃんの生きる力になっていたんです。木村堂のおばあちゃん、言ってました。40年以上毎日通ってくれた常連さんたちのおかげで、頑張って来れたって。それってあなたのことですよね?」

 

庵堂が、どこにも居場所がないと思っている佐藤に話したセリフ。

このセリフで共同体の意味がずいぶん理解できたような気がします。また、貢献の意味がよくわかります。

 嫌われる勇気7話 名言その⑧

「共同体と言うのは、家族や職場に限定されたものでしょうか?もっと大きな枠組みで考えることはできませんか?たとえば、この国、あるいは世界、ひいては宇宙全体が1つの共同体だと」

 

青山に語った大文字のセリフ。

スピリチュアル系の話?と思ってしまいました(笑)。

原作では、共同体の範囲が無限大なのだと考えればいい、とあります。人は共同体を離れて、ひとりになることなど絶対にありませんし、できません、と。

 

嫌われる勇気7話 名言その⑨

「すべての他者は、私と同じ共同体に属する仲間である。仲間に囲まれた私は、ここにいることを許されている。ここには私の居場所があり、私が貢献すべき他者がいる。これが共同体感覚とよばれる考え方です」

 

大文字が青山に共同体感覚について説明したセリフ。

原作にも、他者を仲間だと見なし、そこに自分の居場所があると感じられることを共同体感覚といいます、とあります。まずは、自分が他者を仲間だと見なすことからですね。

 

嫌われる勇気7話 名言その⑩

「先生、庵堂さんしっかり持ってました、共同体感覚。嫌われる勇気と共同体感覚が矛盾していないこともわかったような気がします。

人にどう思われようが関係ない、大事なのは自分が他者に貢献できてると実感できることなんですよね」

 

最後に青山が、大文字に話したセリフ。

初めは、共同体感覚と嫌われる勇気って、矛盾している気がすると言っていた青山だったが、庵堂を通して、理解が深まったようですね。

 

こちらも併せて読むと、もっとわかりやすくなります!!

>>嫌われる勇気 7話のネタバレ・感想

 

こちらも名言集!!

>>東京タラレバ娘6話の名言集!!

 

みんなの反応・感想は?

視聴者のみなさんの感想を紹介しますね。Twitterからの紹介です!!

 

 

色々な見解がありますね。個人的には、ぬいぐるみを持った加藤シゲアキが、やたらとぬいぐるみが似合うな~と感じました。そんなシゲアキ、次週は血まみれ!!!どうした!!