ドラマ下剋上受験。実話がベースになっているのは有名ですね。現在の佳織本人は16歳の高校生。ライバルのマリアちゃんも同じですね。現在のマリア本人の進学先はどこだったんでしょうか?

[ad#ad1]

下剋上受験 徳川麻理亜(マリア)ちゃんって?

徳川直康の一人娘。中学受験に集中したいからという理由で、佳織の小学校に転校してくる。

礼儀正しくおとなしそうに見えるが、父親への反発が強い。自己主張が強くなかなか人と打ち解けることが出来ない。中学受験に賭けていて、佳織の良きライバル。

 

[ad#ad2]

 

父の徳川直康(要潤)は東大卒のエリートで大手ゼネコンの二代目社長です。妻と離婚して娘のマリアを引き取っているようですね。お手伝いさんしか出てこないですもんね・・。

大手ゼネコン2代目社長さんなので、仕事ばかりで家庭をかえりみる時間もなかったんでしょうね。娘のマリアとの関係は冷え切っていますね。

麻理亜は、父にもっと相手してもらいたいんですよね。話したいんですよね。だから、わがまま言ったり、強くあたったり。父自身も、マリアとどう接していけばいいか?を悩んでいますね。

マリアを演じている子役の子は?

徳川麻理亜(マリア)を演じている子役の子が、「可愛い」と評判ですね!!マリアを演じているのは、

篠川桃音(しのかわももね)

話がそれてしまうので、プロフィールは簡単に行きますね(笑)

生年月日:2006年5月 16 日(10 歳)
出身地:東京都
身長:140cm
特技:ピアノ・英会話・競技カルタ
趣味:バレエ・一輪車・お菓子やパン作り
事務所:エルビス・エンタテインメント所属

映画・ドラマと出演作が多い子役さん。かわいいとの評判も多く、今後とても楽しみですね!!

[ad#ad1]

下剋上受験は実話!現在のマリア本人は??

さて、本題に戻りますね。

下剋上受験は、桜井信一さんが、娘と中学受験をしているときに、日々の問題点や進捗、葛藤などを書き留めていた「メモ」をもとに書いたものを書籍化したものです。


ここから詳細見れます>>下剋上受験 [ 桜井信一 ]

桜井信一さん本人も、まさか自分のメモみたいな記録のものが、ドラマされるとは思っていなかったようですね(笑)

子どもの未来を変えることが、親たちの人生を変えることになるなんて、まさに下剋上の人生ですね。信一さんと奥様は、「生きているといいことあるものだね」とあいさつ代わりに話しているようですね。

 

ちなみに、桜井信一は本名ではないようですね。桜井信一さんのお顔はこんな感じ!!

とっても優しそうなお父さんですね(笑)

下剋上受験の佳織の現在は??

下剋上受験の現在のマリア本人は?実在するの?

この下剋上受験は、ノンフィクションで、実話をベースに作り上げられています。

見た目も可愛くて、しかも、絵に描いたようなお金持ち。

意図したかのような、桜井家との違い。

 

娘の佳織の中学受験のライバルとして、このマリア的な存在は本当に存在したのでしょうか???

 

 

原作、調べてみましたが、

どうやら、存在していないようですね

マリアに関しては、残念ながらフィクションでした。

 

実話の原作をベースにしてはいますが、内容をより魅力的にするために、多少は演出が加わっているようです。

確かに、ただがむしゃらに勉強していくだけのドラマじゃ、面白くないですよね。

 

そこに、関わる人たちのつながりや関係が、やっぱりドラマの面白いところですし、

東大卒・金持ち⇔中卒・貧乏

の比較がいいですよね。

 

エリートが本当に幸せになりうるのか?中卒が本当に幸せではないのか??

学歴が高いと幸せなのか?学歴がないと不幸なのか?

 

一体、本当の幸せって、なに??

ってことが、このドラマの狙いなのでは??って勝手に思っています。

 

下剋上受験のマリアの今後の大予想!!

実在していないというなら、予想していくしかないですね!!

佳織は、原作の通り、第一志望の桜葉学園には不合格になってしまう。一方で、ライバルのマリアは見事に合格。父・直康とはしゃぐように喜ぶ姿がみえますね。

マリアは、佳織を励ましてくれ、佳織とマリアのライバル関係が、親友関係に発展していく。

信一は悔しくも、直康とマリアの姿を見て、素直に喜んでいる。

最後の追い込み。何か、吹っ切れたように勉強がはかどり、

実話通りに、見事、第二志望に合格!!やったーーーーーー!!!

 

って展開を予想しています(笑) いや、予言です。。。

 

>>実話の原作のあらすじはここから確認できます!!

>>佳織の現在は?ここから確認!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!!!!!