若年性認知症は65歳未満で発症する認知症。その原因として多いのが、脳梗塞や脳出血により起こる血管性認知症やアルツハイマー病。高齢で発症する認知症とは異なる問題がさまざま発生しやすい。65歳以下が若年性になるんですね。他の病気がきっかけの事が多いようですね。

[ad#ad1]

病気への理解不足により発見が遅れてしまう、仕事が続けられなくなり経済的に苦しくなる、高齢者向けのサービスが多いためデイサービスに通うのをやめてしまうなど。そうした状況を予防・改善するための対策について詳しく伝えていきます。仕事はできなくなりますね。

[ad#ad2]

認知症とは、脳がダメージを受けて記憶力や判断力が低下し、日常生活に支障が出る状態です。一度発症すると元の状態に戻すのは難しくなります。最近、認知症を予防する効果的な方法がわかってきたので、まず予防を第一に心がけていくことが大切です。

[ad#ad3]

近年、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が、認知症のリスクを高めることがわかってきました。生活習慣病がコントロールされないとアルツハイマー病になりやすく、特に糖尿病があるとリスクが2倍になります。また、生活習慣病は動脈硬化を進めて脳梗塞や脳出血を起こすリスクを高めるので、脳血管障害による認知症の原因にもなります。逆に、生活習慣病を予防すれば認知症の予防につながるので、ふだんの生活を見直すことが大切です。食生活の改善、適度な運動、禁煙などに取り組みましょう。すでに生活習慣病がある場合は、その病気に対する薬の治療も行います。