逃げ恥5話の、津崎の子供の頃の「ピクニック」の思い出の瓦そば。ほっこりする思い出に出てきた瓦そば調べてみました。瓦そばは山口県の郷土料理のようですね。ちなみにあの瓦そばは、老舗のたかせの瓦そばのようですね。簡単なレシピも紹介しますのでお楽しみに。。

>>逃げ恥5話の頭なでポンの公園はここ

>>逃げ恥の星野源さんの最終回~6話の衣装は??

>>逃げ恥の星野源さんの1話~5話の衣装はここ!!

 

 

 


夏に間に合う!ミュゼのEARLY SUMMER SALE!!

わきとかVライン大丈夫??!

1か所100円で、追加しなければ処理終わるまで無料ですよ!!

詳しくは、上のリンクから公式ページで確認!!

 

逃げ恥5話の瓦そばのお店はどこにあるの??

いくつか店舗がありますね。川棚本館ってのが一番古いお店みたいですね。

rtttt

元祖瓦そばたかせ 川棚本館

store_honkan_pr_02

  • 住所 山口県下関市豊浦町大字川棚5437
  • TEL 083-772-2680
  • 定休日 毎週木曜日、金曜日(祝日の場合は営業)
  • 営業時間 11:00~20:00(最終受付19:30)

15名以上の団体で行くときには、5日前要相談と書いてありました。歴史を感じさせる雰囲気ですね。お店のリンク載せておきます!!一度、いってみたいお店ですね~。

>>川棚温泉 元祖瓦そばたかせ

 

瓦そばの始まりは?

明治10年1877年に、薩摩軍の兵士たちが、瓦を使って野草や肉を焼いて食べた。という話を参考にして、1961年に川棚温泉を経営していた「高瀬慎一」さんが宿泊者のために瓦そばを開発したのが始まりといわれています。

これが評判になって、川棚温泉のほかの旅館でも出すようになり、川棚温泉の名物料理になったとのことです。ここからさらに広がって、下関市、山口県各地でもご当地グルメとして広がっていき、山口県の人が、他県でもお店を出すことによって、どんどん広がっていきました。

見た目も用ですが、瓦自体がアツアツな事、その上で茶そばが焼かれている。しかもうまい。この瓦そばを発明した高瀬さんは、天才ですね!!思いつかないですね。この発想はびっくりです。

[ad#ad1]

瓦そばのレシピを紹介!!

07a9e4293f5c5fb6bb5afb8ff3344921

レシピ載せようかなっておもってクックパットみたら、クックパッドに逃げ恥公式のレシピがありました!!

ページはこちら山口出身・平匡さん直伝!瓦蕎麦

ここからみてくださいね!!

ツイッターでも話題ですね

おいしそうなツイ―トがたくさんありました。焼いたおそば、興味津々ですね。

たかせの瓦そばを食べたい!!

たかせの瓦そば、食べたーーーーい。でも山口県まではどう考えてもいけないよ・・・。

って人に朗報!!

 

通販でも扱いがありました!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メーカー直送】瓦そばセット 4人前【送料別】
価格:2052円(税込、送料別) (2017/5/18時点)

>>【メーカー直送】瓦そばセット 4人前【送料別】

 

ちゃんと「たかせ」の瓦そばみたいですよ!

まとめ

[ad#ad1]

そもそも、ピクニックに瓦そばを弁当にして持っていく津崎のお母さんの発想がすごいなと、記事を書きながら思いました。そりゃ、伸びますよね・・・。麺類はだめですよ~~~。

お母さんのために、伸びたそばを食べた子供の気持ち。子供ってわがままで困っちゃうときもありますが、すごくやさしいんですよね。純粋なんですよね。子どもの本質って「親」の笑顔なんですよね。

津崎のお母さんのほっこりのお話。お母さんが新聞を読んでいるお父さんに向けたまなざし。これにもほっこりさせていただきました。仲のよい夫婦ってなんかいいですよね。

 


>>全身12カ所から4部位選べて400円

 

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございます。ブックマークとかしてくれるとうれしいです!!