2017年1月13日に下剋上受験の1話目が放送されました!!気になる視聴率は??ネタバレと感想もちょいちょい。この下剋上受験、実話がもとになっていることを考えると、面白おかしくとは行かないところもありますね。この家族のがんばりが今後楽しみでしかたありません。

[ad#ad1]

下剋上受験のキャスト紹介

簡単にキャストを紹介します。

桜井信一:阿部サダヲ

元不良で中卒の佳織の父。今は口達者なひょうきん者でバイタリティと娘への愛情だけは誰にも負けない。自分で勉強を教えると決意し、猛勉強する。

 

桜井香夏子:深田恭子

元ギャルで中卒の佳織の母。家族への愛情は誰にも負けない。平凡でも貧乏でも笑って仲良く暮らせればそれでいいという考えなので、中学受験にはそもそも大反対。

 

桜井佳織:山田美紅羽

明るくて元気、信一と香夏子の一人娘。小学5年生。テストの結果が偏差値41

[ad#ad2]

信一の中卒仲間

  • 松尾:若旦那・・居酒屋の店主
  • 竹井:皆川猿時・・理髪師
  • 梅本:岡田浩暉・・酒屋の店主
  • 杉山:川村陽介・・大工

小山みどり:小芝風花・・小学校の担任の先生

楢崎哲也:風間俊介・・信一の会社の後輩で中学受験経験者。信一と佳織の中学受験を応援していく。

桜井一夫:小林薫・・この道50年の大工さん。、信一の父。中卒。

 [ad#ad3]

下剋上受験の1話目のネタバレと視聴率は??

1話目のあらすじと感想を簡単に紹介します。

 

桜井信一(阿部サダヲ)は不動産会社で営業を務める元気でユーモアのあるサラリーマン。

最終学歴は中卒。そして、信一の妻・香夏子(深田恭子)もまた中卒。そんな二人の娘の佳織(山田美紅羽)は現在小学五年生。明るく、気の利く元気な子です。

タダということで佳織に受けさせてみた小学生全国統一テスト。佳織は「全部できた」と。

その言葉を信じ、結果を楽しみにしていた信一でしたが、結果は下から数えた方が早いというひどい結果。しかも偏差値41。

信一はショックを受けます。結果をみた佳織も複雑な心境だったと思います。

 

後日、信一が務める不動産会社にに楢崎哲也(風間俊介)という新人が入社し、信一はその新人教育をすることになった。

「俺の背中を見て仕事を学べ」「仕事は心」と意気込み、先輩風を吹かせる信一。

今一番の仕事、タワーマンションの内覧の仕事に楢崎も同席することに。

ところが、有名な大学卒の楢崎は、同じ大学出身のお客と話が弾み、結果、信一は顧客を奪われてしまいます。

学歴という壁を改めて感じてしまう信一でした。

 

父・一夫(小林薫)の入院する病院から電話が。

どうやら、入院先の病院で問題を起こし呼び出しをくらったようです。かなりの問題児のようで、度重なるクレームによって、一夫は強制退院させられてしまいます。

 

佳織の将来のことを考え、佳織を塾に通わせようと思うのですが、

入塾テストの結果もひどく、1番下のクラスに所属することになると言われてしまう。一流大学への道までも否定されてしまうこととなった。

 

しかし娘の幸せな将来を考える信一は、妻の香夏子の反対を押し切り、佳織に向かって一緒に中学受験をしようと提案。

佳織からの返事はありませんでしたが、次の日、自分の立ち位置に気づいたのか、中学受験を受けることを信一に告げるのでした。

 

トンビの子はトンビ。確かにそうかもしれません。

学歴社会はなくなってきているのも確かですが、実際は、まだまだ残っていますよね。

学歴がすべてではないと思いますが、実際に、すべてがすべてではないですが、知恵というか、理解度というか、物事の見方とかどらえ方が、学がある人のほうが高い傾向があるのも確かだと思います。

塾に行かないで、中卒の親が偏差値72の中学にいれるために一緒になって勉強をしていく。この考え方、面白いですね。奇抜ですね。

妻の香夏子の心境の変化もありそうですし、この家族の中学受験へのドラマは楽しみですね。2話目はどうなるのか?1月20日まで待ちきれませんね(笑)

 

↓↓ここに登録すれば見逃したドラマみれますよ!!


>>>見逃し配信もU-NEXTで!!<<<

 

 

さて、気になる1話目の視聴率は、

10.9%!!

みごと、2桁突破。さすが阿部サダヲさん!!

第二話が楽しみになってきましたね!!

>>下剋上受験2話の感想・視聴率は?

下剋上受験 2話のあらすじ・ネタバレ!!

 

小学5年生の娘・佳織(山田美紅羽)を学習塾には通わせず、一緒に勉強して最難関中学合格を目指すことを決めた桜井信一(阿部サダヲ)は、書店で参考書や学習ドリルを大量に購入する。

そんな計画性の無い信一に、ギリギリで家計をやり繰りする妻の香夏子(深田恭子)はご立腹。

香夏子から無駄遣いだと言われ発奮した信一は、佳織との計算テスト対決に挑むが、一問も解けずに意気消沈してしまう。

そんなある日、佳織のクラスにトクガワ開発社長・徳川直康(要潤)の一人娘・麻里亜(篠川桃音)が転校してきた。佳織は中学受験のためにわざわざお嬢様学校から転校してきたという麻里亜に興味を持つが、そのハイレベルな成績に驚く。そして、佳織が自分の成績に見栄を張ったことから麻里亜にライバル視されてしまう。

数日後、香夏子が参考書の山を返品すると言い始めた。香夏子は信一が本当に佳織の事を思っているのか不安なのだ。危機感を抱いた信一は職場の後輩であり中学受験の経験者でもある楢崎哲也(風間俊介)を巻き込んで勉強に励むが全く解けない。

途方に暮れる信一を見た楢崎は、佳織に学習塾の体験授業を受けさせることを勧める。一方、信一の父・一夫(小林薫)は骨折した足は治ったから自宅に戻ると言い出す。そしてリハビリだと言いながら勉強に励む信一と佳織のためにある物を作り始める。

佳織の受験自体に反対する香夏子を説得し、信一は学習塾の体験授業を受けることに。するとそこに徳川父娘の姿が。麻里亜も同じ授業を受けに来ていたのだ。麻里亜は佳織を無視して教室に入る。

その時、信一は麻里亜の父の直康が小学生の時の同級生だということに驚く。小学生時代は友達だった二人だが、いつの間にか大きな差が生まれていたのだ…。信一のモヤモヤした気持ちが晴れぬまま、娘たちの体験授業が始まる。

(TBS公式ページより)

第2話は、深キョンの入浴シーンが見どころか???すっぴんもかわいいですね!!

>>深キョンのかわいい画像はこちら