ドラマ「下剋上受験」3話の気になる視聴率はどうだったのでしょうか??1話・2話といい感じできているので3話目もなかなかの視聴率を期待できそうですね!下剋上受験の3話目の視聴率、紹介していきます。

[ad#ad1]

下剋上受験の3話目のあらすじは?

下剋上受験の3話のあらすじをさらっと紹介します!!

桜井信一(阿部サダヲ)と娘の佳織(山田美紅羽)は、“俺塾”と命名した自宅の勉強部屋で本格的に受験勉強を始める。睡眠時間を削って勉強に励む2人を妻の香夏子(深田恭子)は心配そうに見守る。

その頃、信一の後輩社員・楢崎哲也(風間俊介)は仕事の悩みを抱えていた。それは、勉強に熱中し過ぎる信一が楢崎に仕事を任せきりにしていることが原因なのだが、当の本人は気付いていない。

そんなある日、物件の内覧客案内のために信一を待っていた楢崎だったが、約束の時間にも姿を見せず、現れたのはお客が帰った後だった。そして仕事をすっぽかした事は知らん顔で楢崎に受験相談を持ちかける始末。そんな信一の態度に楢崎の不満は膨らむばかりだった。

そんな中、桜井家に佳織の担任教師・小山みどり(小芝風花)が家庭訪問にやってきた。その理由は、最近佳織が授業中に居眠りすることが増えたからだという。そして、桜井家の事情を知ったみどりに佳織の中学受験を猛反対されてしまう。さらに、“中学受験は親の見栄”だと言われショックを受けた信一は、“本当に中学受験は佳織のためなのか?”と、自問し始める。(出典:TBS公式ページ

下剋上受験の見逃し配信はこちらから!!今なら31日間お試し期間中!!

下剋上受験3話の感想!!

何人かの方に下剋上受験の3話の感想をかいていただきました。

来週も気になりますね!!

 

 

俺塾スタートしましたね!

信一の頑張りに必死についていこうとする佳織ちゃん。そりゃ疲れもでちゃいますよね。

小学生が集中できる時間って、授業なら始ってから5分ですよ5分。せいぜい10分です。
佳織ちゃん良く頑張ってるな~。睡眠時間も減ってしまって、案の定、お風呂中や授業中にも眠ってしまいます。

思ったことに一直線な信一に、楢崎も悩みました。新人社員は、仕事に早く慣れるために、色々と必死なんですよ!
それに気づいてあげてくれ信一よ。

信一も根は悪い人じゃないけれど、周りが見えなくなり、更に空気が読めない・・・・・・。
いますいます。どこの職場にも1人はいます。

1つのことに一生懸命。目標を定めたらがむしゃらに頑張れるところは良いのですが、周りを巻き込んではいけませんね。
ましては仕事を疎かにするなど、本末転倒です。

そんな信一に振り回されまくる、香夏子や佳織。
大事なのは佳織の気持ちですよね?

ちゃんと、信一の気持ちが分かっていて、その気持ちに精一杯こたえたいと思っている佳織。
なんとも、いじらしいです。いい親子関係ですね。

佳織と信一のベクトルが同じ方向を向いたとき、集中力ややる気がでて、とてつもない受験へパワーがうまれそうです!
しっかし健太郎くん、優しいな~。矛先をさらっと自分にむけて、佳織に笑顔をくれるとは!

子供中の人間関係って、単純そうで簡単そうだけれども、大人よりも、難しいところがあるんですよね。
受験のために全てをかける信一、来週も楽しみです!

(子育て中のママ)

 

 

親子愛に溢れて、お父さんと娘さんの信頼の基に、勉強をしていく姿にほっこりしました。
それを優しく見守るお母さんの姿にもすごく癒されますね。
ただ、担任の先生が家庭訪問された際、お父さんの学歴について言及するシーンがありましたけど、実際あんな事やったら大問題でしょうね。
結果的には先生も親子共々頑張っている姿勢に共感を示してくれてよかったです。
次回も楽しみです。(40代男性)

 

 

佳織と信一の関係性がお互いがお互いを思い合っていて、好きだからこそ無理をしてしまっているところに心を動かされてしまいました。
特に家庭訪問の時に担任の先生が信一を攻め立てるシーンで佳織が「お父さんをいじめないで!」と泣きそうになりながら訴えかけるシーンは思わず涙が出てしまいました。
信一が佳織の受験に夢中になり過ぎて仕事がおろそかになっている事が唯一の不安材料です。(30代後半女性)

 

 

下剋上受験を見て、小学生が受験をするということは、本当に孤独で色々な葛藤があると改めて思いました。
この家族は、子供のために親が一緒に悩み、泣き、喜ぶ、頑張るという理想的な家族ですが、このような家族は実際は少ないのではないかと思います。
学校、塾の両立、友達との関係など色々と苦しみ、受験に頑張ることはやはり小学生1人ではできないと感じました。
周りのフォローがあって、やっと頑張れると思います。(??代女性)

 

 

今回初めてちゃんと拝見いたしましたが、ハマりました!キャスティングもとてもよく、安倍サダヲさんらしさが染み出ていました。娘役の子がお父さんをかばうシーンが、感動しましたし、見所だったと思います。とても家族の愛が溢れてて心があたたまりました。こういった家族愛ドラマは、いつの時代も愛されますね。次回も必ず観ます!

(20代女性)

 

 

”つるかめ算”の考え方、教え方を具体的に描いてくれて、すごく面白かったです。学校の勉強なんて遠ざかってから長くすっかり忘れてしまったけど、久しぶりに考えてみると楽しい!これからも1話にひとつずつくらい勉強の解き方をわかりやすく抗議するシーンが入ってくるとそこが見どころになると思います。せっかく「受験生の親必見!」という謳い文句なので、受験生にとって”ためになる”ドラマになることを期待しています。

(30代女性)

 

 

小学校の先生が家庭訪問に来て両親を叱るシ-ンがありましたが、佳織が泣いて止める場面が印象的でした。佳織は今までなんだかんだお父さんに言われてなんとなくやっているものだと思っていましたが今回の件から自分の意志でやっているということがわかりました。

またお父さんのことがそれほど好きだということがわかりました。一方最後のシーンで信一が部下に裏切られたシーンで部下の気持ちがすごくわかりました。せっかく自分でやった仕事を先輩にとられるのはとても屈辱的なことだと思ったからです。

(30代男性)

 

 

信一が塾ではなく自分で教えると決めた時は本当に大丈夫かなと思いましたが、塾の卒業生にテキストを譲って貰うアイディアは勉強は苦手でも、頭の回転は良く自頭力があるなと感心しました。

また、佳織の担任の先生が自身の経験から、受験は親のエゴであり、子供には合格した後も負担になるという考えはある程度理解できるなと思いました。しかし、信一家族はみんなで協力して受験に挑もうとしている姿に感動しました。子供の為に自分ができる限りの事をするのはエゴだけではできないとの言葉が胸に刺さりました。

(??代女性)

 

 

桜井信一(阿部サダヲ)が、娘の佳織(山田美紅羽)につるかめ算を教えるために折り紙で折った鶴と亀を使って教えていたシーンが印象的でした。わからない子供に教えるには、単に理論だけではなく実際のモノを使って説明して納得させることが大切だとあらためて感じました。また、中学に入れば連立方程式で説明できる事が、つるかめ算を使って説明するって結構難しい事だったと思い出しました。

(30代男性)

 

 

もっとたくさんの感想をいただけましたが、全部は紹介しきれないので、一部公開でした。

「お父さんをいじめないで!!」のシーンで思わず涙してしまった方がとても多かったです。管理人の私もそのひとりです。

親が思っている以上に、子供って色々考えているんですよね。同じ親として、心がきゅっとなりました。

[ad#ad3]

 

下剋上受験3話の視聴率は???

 

さて、気になる3話目の視聴率は、

 

7・4%!!? あれ??

まさかの前回から3・2ポイントの急落という結果に・・・。

なんでか、考えてみたら、

この日、21:00から他局でスタジオジブリの人気アニメーション映画「耳をすませば」がやってましたよね。

調べてみたら、やっぱり。ジブリさすがです。

なんと平均視聴率14・5%とな。これは下剋上受験の視聴率に影響出ますね。

 

今回は、タイミングが悪かったということで、今後に期待ですね!!

 

ちなみに過去の視聴率はこちらです!!

1話 10.9%

2話 10.6%

 

下剋上受験の見逃し配信はこちらから!!今なら31日間お試し期間中!!