千葉雄大、大杉漣とドラマで親子役で共演との情報が。

2017年4月~6月に放送されるドラマ『ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』にて千葉雄大が稲葉光生役で主演を務める。共演は60歳を超えてゲーム好きな父親役を大杉連が演じる。親子役で共演ということですね。

息子であることを隠して共にオンラインゲーム内で冒険を進める事で親孝行をしようというドラマです。

[ad#ad1]

千葉雄大、大杉漣共演の『ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』はいつから?

毎週火曜日の深夜1時過ぎの時間帯で放送される。

 

初回放送日 

TBS:2017年4月18日(火) 25:28~25:58

MBS:2017年4月16日(日) 24:50~25:20

 

深夜1時というかなり遅い時間帯の深夜ドラマにはなりますが、深夜ならではのゆるっとした思わずくすっと笑ってしまうような展開を期待してしまいます。

寝不足はお肌の敵ですが寝る前に千葉雄大を見て癒されるのも良いかもしれませんね。

[ad#ad2]

千葉雄大、大杉漣共演の『ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』のあらすじは?

ネット上のゲーム仲間たちと共に、MMORPGゲーム「ファイナルファンタジーXIV」を楽しんでいる、ゲーム好きの青年であるハンドルネーム・マイディー。

彼はある日、母親から「PlayStation 4」をプレゼントされた60歳になるゲーム好きの父親のために、自分もやっているFF14をプレゼントしようと思いつく。

これまで父親のことが嫌いという訳ではなかったが、仕事ばかりの父親とは特に仲が良いわけではなかったマイディーは、ゲームという共通の趣味を持つ父親に、ささやかな親孝行をしようと考えたのだ。

それは、FF14をプレイする父親のキャラクターに、あえて息子であることを隠してフレンドとなり、現実とオンライン上を行き来しながら父親のゲーム攻略をサポートし、攻略終盤のボス戦の直前になった際に正体を明かそうという、壮大なオンライン育成プロジェクトであった。

自分のフレンド達にも協力を求め、ブログ上でもリアルタイムに実況をしながら、様々な困難を乗り越えて、父親を「伝説の勇者」へと鍛え上げていく「光のお父さん計画」が、いま始まるのであった。

引用元:ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん – Wikipedia

 

千葉雄大がゲーマー役!?

このドラマの元となっているのは「一撃確殺SS日記」内の「光のお父さん」というブログです。このブログを書いているマイディーさんはオンラインゲーマーと自己紹介に記載しており、ブログを読んでみるとかなりのゲーマーであると想像ができます。

ここで思ったのは、千葉雄大がガチのゲーマー役を演じるのか!ということです。

どちらかといえば青空の下でアクティブに活動しているのが似合いそうな千葉雄大。

家にこもってゲームに夢中になっている真逆なイメージの役をどのように演じるのかも楽しみなところです。

[ad#ad3]

色んな表情の千葉雄大にキュンキュンしたい

元になっている「光のお父さん」というブログのテーマは、息子(千葉雄大)である事を隠してオンラインゲーム内で父(大杉漣)と一緒に冒険を進めていき、最終的に一緒に冒険していたのは実の息子でしたと正体を明かす壮大な親孝行計画となっているのです。

元々ゲーム好きな父ではあるが、やったことのないオンラインゲームに挫けないように実家に帰ってそれとなく探りをいれてみたり、息子とばれないようにそれとなくゲーム内でフォローしながら接触したりするのです。

探りを入れるときに営業職で培った会話術を駆使したり、ゲーム内での追跡がうまくなったりと、ドタバタコメディな展開も期待できそうです。

息子である事がばれてはいけないと一人で焦ったり安堵したりとあれこれ画策する展開の中で千葉雄大の色々な表情を見れることに期待しています。

ばれたのではないかと緊張した表情から安堵した瞬間の表情の千葉雄大はおそらく母性本能を擽るような表情を見せてくれるのではないでしょうか。

大御所の大杉漣さんの演技も気になりますね。ゲーマーお父さん(笑)

父と息子の心温まるヒューマンドラマ

ゲームを通して素性を隠した状態で交流をすることで、あまり会話のなかった親子が心を通わせているストーリー。

オンラインゲームという仮想世界でお互いがどのようにして心を通わせていくのかが気になるところです。父と息子が共通の趣味であるゲームを通して心の距離が近づいていくラストは感動の展開になるのではないでしょうか。

息子から父親に正体を自ら明かすまで、父親に息子とばれずにいられるのかもハラハラな展開が期待できそうです。

 

こんな記事も一緒に読まれてます。

>>光のお父さんは実話なの?原作は?

まとめ

リアル世界の実写映像と仮想世界のゲーム画面を織り交ぜて構成されるようなので、ファイナルファンタジーのゲームがドラマの中でどんな感じで登場するのかも見どころのひとつになると思います。

 

元になったブログの「光のお父さん」がまとめ読みできるようになっています。

ドラマが始まる前にブログを読んでおくとゲームにあまり詳しくない人もドラマを楽しんで見れるのではないでしょうか。

>>一撃確殺SS日記 「光のお父さん」まとめよみ